韮崎市ですべり症でお悩みの方へ!【韮崎市 肩こり腰痛専門 整体ありすけ】

Pocket
LINEで送る

こんにちは。

韮崎市にある肩こり腰痛専門【整体ありすけ】院長の有野です。

当整体には、どこに行っても治らなかった腰痛、肩こり、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、四十肩などの痛みやしびれを抱える患者様が韮崎市内から多数いらっしゃいます。

今日は腰痛の原因にもなりやすいすべり症についてです。

当整体で腰痛が改善した患者様の感想も紹介していきたいと思います。

腰・お尻・足にかけてすごく痛い

足にシビレが出て、上手く歩けない

激しい痛みで歩けない

運転も出来ないくらい、お尻や腰・足が痛い

痛みのせいで夜、きちんと眠れない

最近は足の感覚がない

長い距離を歩くことができない

などでお悩みの方は是非最後まで読んでみてください。

1.すべり症ってどんな病気?

腰椎すべり症とは、積み木のように連なる腰椎が、文字通り前方へ滑り出してしまい、様々な症状を引き起こす病気のことです。

腰椎すべり症はいくつかに分類され、背骨や椎間板などの変性によって起こる変性すべり症と、腰椎分離症に続発する分離すべり症とに分けられます。

原因は違いますが、それぞれ出現する症状はほとんど変わりません。

診断にはレントゲンやMRI、場合によっては造影剤などを用いた検査を行います。

分離すべり症は背骨の本体である椎体と後ろ側で関節を構成している椎弓とが分離してしまった状態のことを言います。

この状態で放置されてしまうと、分離した部分の腰椎の安定性が失われ、上下の骨にずれ(すべり)が生じてしまいます。

それが腰椎分離すべり症です。

腰椎変性すべり症は、明らかな原因は不明ですが、多くは加齢とともに椎間板や靭帯、関節など腰椎を固定している組織が変性を起こし、それに伴って腰椎の安定性が失われ、腰椎にずれ(すべり)が出現します。

このように、加齢や長期間にわたる負荷などによって徐々に腰椎が変性を起こし、その結果発症したすべり症を腰椎変性すべり症と呼びます。

そのため、分離すべり症に比べ高齢で発症し、骨粗鬆症などの骨の組織が変性を起こしやすい女性に多いです。

他にも形成不全すべり症というのがあります。

これは生まれつき脊椎の発育に問題があるために起こります。非常にまれです。

比較的若いうちから症状が出てくることがあります。

症状は、重症度にもよりますが、まず腰痛と坐骨神経痛があげられます。

すべりが強度になってくると、腰椎の後方を走る脊髄神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれが出現します。

また、長い距離を歩くと痛みやしびれが出現し、かがむことで楽になる間欠性跛行と言う症状も多く見られます。

分離すべり症も変性すべり症も結果的には脊髄神経の圧迫が症状の主な原因となるため、出現する症状に大きな差はありません。

2.すべり症の原因

すべり症の原因は、形成不全のような先天性のものと、変性すべり症や分離すべり症のような後天性のものがあります。

主に皆さんが悩まされるのが後天性の変性すべり症や分離すべり症です。

分離すべり症は、スポーツなどで身体を酷使し続けると、背骨に負荷がかかり、その負担の蓄積によって腰椎が疲労骨折を起こしてしまいます。

その疲労骨折で支えがなくなり、腰椎が前にすべってしっまたのが分離すべり症です。

一方、変性すべり症は高齢者に多く、長年の負担がそれぞれの椎弓や椎間関節の形態異常、椎間板の変性などが起こって発症します。

変性すべり症は女性に多く、大部分が第4腰椎です。

このように、後天性のすべり症の原因は負担が蓄積されていくことにあります。

3.整体ありすけの腰痛(すべり症)に対しての施術

すべり症は結果であり、腰の骨が歪み、すべってしまう原因はあります。

椎間板や骨、靭帯などへの負担が大きいことが分離・すべりに繋がり、すべり症を発症させてしまうのです。

そして、ここに大きく関わってくるのが、姿勢動作です。

私たちは、仕事や日常生活で同じ動作・姿勢を繰り返します。

その中で、無意識に癖がついてしまい、体にゆがみが出現し、上記したもの(骨や椎間板)への負担が大きくなります。

さらに、同じことを繰り返せば当然筋肉関節なども固くなり、血行も悪くなりますし、ゆがみます。

このように姿勢・動作、ゆがみ、筋肉は相互に作用し合っています。

ですので、すべり症(腰痛)の本当の原因になっている姿勢・動作、ゆがみ、筋肉に対して整体院こうでは、それぞれに適切な評価・問診を行いながら施術をしていきます。

もちろん、その人の生活習慣によって腰痛の原因になっている筋肉や関節などは違います。

さらに、筋肉や姿勢・動作など上記で書いたもの以外でも原因はあるかもしれません。

そのため、当整体院ではまず、患者様のお体の状態をしっかりと検査します。

姿勢や可動域、筋力や内臓の状態などを細かく検査し、その患者様の根本的な原因を見つけます。

ここでしっかりと検査しないで、マッサージだけをしたり、ストレッチなどをするとその場だけは良くてもすぐに戻ります。

最悪の場合は、かえって痛みを悪化させる原因にもなります。

このブログを見てくれている方々はそのようなことを経験したことがあるかもしれません。

そのため、当院では初診の際、少し長めの時間を用意して患者様の状態をしっかりとチェックします。

その上でしっかりと患者様に説明し、施術をしていきます。

さらに、ご自宅でできるセルフエクササイズや食生活のアドバイスをします。

理学療法士であり、ヨガインストラクター・ファスティングマイスターでもある私が患者様の原因に合ったセルフエクササイズや食生活のアドバイスをすることにより、再発予防にも施術効果の継続にも繋がります。

 

4.今すぐできる腰痛予防と注意点

コルセット

これは一時的な措置です。

コルセットをずっと続けているとお腹周りの筋力が低下し、自分の筋力ではなくコルセットのサポートなしでは生活できないような体になってしまうこともありえます。

しかし、お仕事などの都合でどうしても重たい荷物を持ち運んだり、中腰姿勢が続いたりする仕事が避けられない場合、コルセットなどで保護してあげることは効果的です。

ですので、コルセットは緊急時だけに使用し、日常生活の時には外すようにしてください。

そして、腰への負担を減らすだけでなく、負担に耐え得る体を作る事も大切です。

柔軟性の向上や筋力増強の為の筋トレストレッチは大切です。

一人ひとり状態や、環境は違います。

自分に合った腰痛(すべり症)予防をすることが大切です。

鎮痛剤

これは最終手段です。

どうしても痛い場合は薬を飲みましょう。

ですが、痛みが引くからと頻繁に使用していると体が慣れてしまい、効果が薄くなってきます。

薬はあくまで対処療法的な扱いであり、根本的な解決にはなりません。

コルセットの時と同様、痛みに負けない強い体を作ることを心がけましょう。

長時間同じ姿勢を取り続けない

腰は座っているだけでも負担がかかっています。

特にこの時の姿勢が悪ければ余計よくありません。

適度に休憩し、筋肉の緊張をほぐし、負担をかけ続けないようにしましょう。

物を持ち上げるときに注意しよう

物を持ち上げたり、取ったりするときは、腰を落としてからにしましょう。

中腰やひねりながらの動作は極力避け、やめましょう。

また、自分より高い位置にあるものは、台を利用し、背中を無理にそらさないよう注意しましょう。

体重増加・肥満体型

体重増加は背骨のカーブをゆがめ、腰にかかる負担を増やします。

適正体重の維持を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

すべり症についてと腰痛が改善した患者様の感想を紹介しました。

当整体は韮崎市の整体で唯一国家資格である理学療法士が施術する整体院です。

その経験を活かして、安心できる問診・評価・施術を提供いたします。

腰痛(すべり症)以外にも肩こり、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、四十肩・五十肩にも対応していますので、お気軽にお電話ください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

追伸

整体ありすけでは、一人ひとり、丁寧に個別対応で施術を行っております。

完全予約制でもありますので肩こり・腰痛でお悩みの方は今すぐ【整体ありすけ】へお電話ください。


ホームページはコチラhttp://韮崎市-整体ありすけ.xyz

口コミサイトはコチラhttp://www.ekiten.jp/shop_63382589/

肩こり・腰痛専門整体院【整体ありすけ】
住所:山梨県韮崎市栄1丁目4-10 韮崎店
℡:090-3591-3378
mail:seitai-arisuke@gmail.com

 

当院には山梨県の韮崎市だけでなく、北杜市、甲府市、甲斐市、笛吹市、市川三郷町、富士川町、中央市、身延町、南部町、南アルプス市、山梨市などからも患者様が整体ありすけへたくさんのお客様がお越しいただいています。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です