この時期、坐骨神経痛で苦しんでいませんか?

Pocket
LINEで送る

こんにちは。

韮崎市にある肩こり腰痛専門【整体ありすけ】院長の有野です。

この時期に多いのが坐骨神経痛です。

坐骨神経痛でお悩みの方が多く来院されてる印象です。

なぜ、坐骨神経痛がこの時期に多いのか少し書きたいと思います。

1.坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛は、臀部から足先まで痺れてたり、痛みのあるような症状になります。

病院では、腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、黄色靭帯骨化症などといったものは診断名として付けられ、病名になります。

しかし、坐骨神経痛と言う病名はありません。

これは上記のような診断名の元に起こる症状の名前なのです。

だから、腰のレントゲンを病院は撮ると思います。

しかし、撮ってみるととくに椎間板や骨に異常は見られないなんてことがあると思います。

坐骨神経痛は椎間板や骨の異常だけなく様々な要因が重なり起きるという事です。

2.なぜ、この時期に多いのか?

冬になるとインフルエンザが流行り出してきますね。

今年は、新型のコロナウイルスも流行っていて未知のウイルスでとても危険です。

このウイルスは神経内に入り込みやすく、神経の邪魔をしやすいです。

ウイルスと言っても様々なウイルスが存在します。

アデノウイルス、ライノウイルス、インフルエンザウイルス、サイトメガロウイルスなどいろいろあります。

このようなウイルスが体内に入り込むことで、脳は拒絶反応を示し、筋肉にコリを作り出します。

コリを作り出すことにより筋肉は神経を圧迫しやすくもなり、動脈や神経なんかは緊張状態にしてしまいます。

神経内は免疫の行き届きにくい場所でもあり、ウイルスにとっては最高の場所みたいです。

だからこそ、坐骨神経痛は多いのかもしれません。

3.免疫を上げるには?

免疫を上げておけばウイルスには負けにくい体にはなります。

免疫の弱い人は腸の悪い人が多いです。

腸が悪いというのは、簡単に言うと便秘やら下痢の傾向がある人、腰痛のある人は免疫は低いかもしれません。

どれも腸の固い人の多い症状だからです。

腸は心理的なものから食事の内容からも様々な要因で悪くなります。

今回はストレスは除いて、食べ物だけでいうと小麦粉は腸をかなり悪くします。

腸を良くするのであれば、パンや麺類などは控えることをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

坐骨神経痛がこの時期に多い理由を自分なりに書いてみました。

坐骨神経痛に悩んでいる人はもしかしたらウイルスなんてこともあるかもしれません。

オステオパシー、アレルセラピーでウイルスを体から除去し、ストレスのない体に導きます。

追伸

整体ありすけでは、一人ひとり、丁寧に個別対応で施術を行っております。

完全予約制でもありますので肩こり・腰痛でお悩みの方は今すぐ【整体ありすけ】へお電話ください。


ホームページはコチラhttp://韮崎市整体ありすけ.xyz

口コミサイトはコチラhttp://www.ekiten.jp/shop_63382589/

肩こり・腰痛専門整体院【整体ありすけ】
住所:山梨県韮崎市栄1丁目4-10 韮崎店
℡:090-3591-3378
mail:seitai-arisuke@gmail.com

当院には山梨県の韮崎市だけでなく、北杜市、甲府市、甲斐市、笛吹市、市川三郷町、富士川町、中央市、身延町、南部町、南アルプス市、山梨市などからも患者様が整体ありすけへたくさんのお客様がお越しいただいています。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です