体の中の水(体液)とは。 韮崎市 肩こり腰痛専門 整体ありすけ

Pocket
LINEで送る

こんにちは。

韮崎市、市川三郷町にある肩こり腰痛専門整体院【整体ありすけ】院長の有野大裕です。

「体は水からできている」と読んで意味が理解できる方、ん?となる方と、両方いると思います。

治療院に来られる方はほとんどがこの水の流れが滞っているような状態が多いですね。体の水の循環が悪いと不調になる傾向は大いにあると考えられます。

だからこそ、筋肉や骨、内臓といったところに症状は現れて気づきます。

1.体内に存在する水の種類

の中には3つの水(体液)が流れています。

  1. 血液
  2. リンパ液
  3. 脳脊髄液  と言われています。

これら3つをまとめて体液と言い換えてもいいでしょう。

血液はよく目にする、怪我をしたら出血する赤い液体ですね。

リンパ液は虫にさされたりしたとき皮膚をかきむしると始めは血がでるけど、そのうち、無色透明の液体が出てくるのを経験したことがあると思います。あの透明な液体がリンパ液です。

血液とリンパ液はよく目にすることもあり、知っている方も多く、脳脊髄液ってなんだ?と初めて見る方も多いと思います。

私は脳脊髄液がとても大切な部分だと思っています。脳脊髄液は脳みその周りを包んでいる液体です。

脳への栄養を与える役目と衝撃緩衝として脳を衝撃から守る役目もすると言われています。

例えば、スーパーに売られている豆腐を想像してみてください。

そもそも、なんで豆腐の周りに水が入って売られているかご存知でしょうか?

豆腐はとても柔らかくて、崩れやすいですよね。水があると酸化せず、形も崩れることなく食卓に出せますね。豆腐を衝撃から守るためなんですよね。

脳みそも豆腐と一緒なんです。

人間の脳みそはとても繊細なので、衝撃にはとても弱いです。

上記3つの体液が私たち体の中では毎日、隅々を巡っています。

2.水(体液)の流れが悪くなると…

間は60%(成人)が水分と言われるほどに水は体の中にあり、大切な存在です。

ちなみに、新生児は90%が水分です。赤ちゃんは約75%、子供は約70%、高齢者は約50%になります。

人は水風船だと思ってみてください。

体の中にある水が皮膚によって閉じ込められている状態を想像するといいですね。

基本的に人の体は必要なものはエネルギーとして蓄え、消費されます。不要なものは解毒され体外へ排出されます。

血液の流れが悪いと体内の細胞へ栄養、酸素が十分に行き届かなくなります。

リンパ液も流れが悪いとむくみの原因になったりします。

脳脊髄液の流れが悪いと、不定愁訴といった気分が悪いとか頭痛、吐き気などいろいろな原因につながってきます。

脳脊髄液の流れがわるいと血液、リンパ液への影響も大きいと思いますね。

体液の循環が本当に大事です!

3.水(体液)の流れを良くするためには。

調がある方は血液、リンパ液、脳脊髄液の循環が悪いかもしれません。

体液循環が滞ってると骨格や筋肉、内臓など歪みとして現れます。

むしろ、骨格や筋肉、内臓などの歪みにより体液循環が滞っているかもしれません。

それが不調の原因となり、肩こりや腰痛、頭痛、生理痛、坐骨神経痛、不定愁訴などで認識されます。

全身の骨の歪みや筋肉のコリがあると体液の流れを阻害してしまっているので、薬やその場しのぎのマッサージでは何も解決できていません。

整体ありすけでは全身の歪みを無痛の施術で整えていきます。

多くのお客様が効果を実感し、症状を改善されています。

ぜひ、1度、当院の施術を体験してみてはいかがでしょうか?

まとめ

かがでしたでしょうか?

人間はこの水の流れがいかに大事が分かっていただけたでしょうか?

歪みにより、筋肉が硬くなると膜でつながっている内臓にまで影響が出て、水の流れを止めてしまいます。

歪みを調整できるのは整体だけです。

最後までブログをお読みいただきありがとうございました。

ホームページはコチラhttp://韮崎市-整体ありすけ.xyz

肩こり・腰痛専門整体院【整体ありすけ】
住所:山梨県韮崎市栄1丁目4-10 韮崎店
山梨県市川三郷町宮原499 市川三郷町店
℡:090-3591-3378
mail:seitai-arisuke@gmail.com

 

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です