良く眠れないと肩こり・腰痛になりやすい?【韮崎市 肩こり腰痛専門 整体ありすけ】

Pocket
LINEで送る

こんにちは。

韮崎市にある肩こり腰痛専門【整体ありすけ】院長の有野です。

肩こり・腰痛になる方で生活習慣を問診で聞いていて多いのが不眠です。

夜寝たとしても朝起きると体がだるいとかよく眠れてないという方が多い印象を受けます。

今回はなぜ、不眠だと肩こり・腰痛になりやすくなるのかブログに書きたいと思います。

1.自律神経について

自律神経とは交感神経と副交感神経が存在します。

交感神経は、日中起きている間に働く神経になります。

また、痛みがあったりしても交感神経は優位になります。

その交感神経とは逆の副交感神経は寝ているときやリラックス状態に働く神経になります。

整体で施術しているときも副交感神経優位に働くようになります。

また、副交感神経が働くことで内臓の活動が促進されます。

例えば、お昼ご飯を食べた後、眠くなることがあると思います。

これは食べ物を胃で消化しようとして働くために副交感神経優位になります。

なので、眠気が午後の仕事のときに襲いかかります。

2.肩こり・腰痛と自律神経の関係性

肩こりや腰痛で痛みに苦しんでいると交感神経優位になります。

夜眠るときも体勢や寝返りの時に痛みがあると目が覚めたりしてうまく眠れません。

患者さんからはそんなことをよく耳にします。

また、交感神経優位になっていることで副交感神経へのスイッチの切り替えがうまくいきません。

人間は寝ているときに1日の疲れを取ります。

しかし、この自律神経のスイッチがうまくできていないとその日の疲れは取れることなく、蓄積され肩こり・腰痛はより一層に苦しんでしまいます。

3.整体で自律神経は改善できるの?

自律神経は背骨の内側にある脊髄と呼ばれるところにあります。

自律神経の乱れている方は背骨や骨盤の関節が固く、歪んでいます。

また、背骨のレベルに応じて内臓の可動性も固くなっています。

オステオパシーでは痛みを与えることなく、その歪みを優しく和らげていきます。

関節や内臓が緩むことで、肩こりや腰痛のコリは柔らかくなり、体の血液の循環も良くなります。

施術後はポカポカと手足があったかくなったと患者さんからはよく言われます。

コリが無くなっていくことで夜も目を覚めることなく、朝までくっすり眠れるようにもなります。

ぐっすり眠ることにより本来誰もが持っている治癒能力は高まり、しっかり体を休めることにもつながっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事を見ているあなたは夜眠れていませんか?

肩こり・腰痛でくるんでいませんか?

しっかり眠ることが出来れば体は本来の健康の状態を取り戻していきます。

最後までブログをお読みいただきありがとうございました。

追伸

整体ありすけでは、一人ひとり、丁寧に個別対応で施術を行っております。

完全予約制でもありますので肩こり・腰痛でお悩みの方は今すぐ【整体ありすけ】へお電話ください。


ホームページはコチラhttp://韮崎市整体ありすけ.xyz

口コミサイトはコチラhttp://www.ekiten.jp/shop_63382589/

肩こり・腰痛専門整体院【整体ありすけ】
住所:山梨県韮崎市栄1丁目4-10 韮崎店
℡:090-3591-3378
mail:seitai-arisuke@gmail.com

当院には山梨県の韮崎市だけでなく、北杜市、甲府市、甲斐市、笛吹市、市川三郷町、富士川町、中央市、身延町、南部町、南アルプス市、山梨市などからも患者様が整体ありすけへたくさんのお客様がお越しいただいています。

富士吉田市や都留市、大月市、上野原市など富士五湖方面でお困りの方は整体院自然体をおすすめします。

詳しくはコチラをどうぞ➡整体院自然体

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です